咽頭クラミジアにご用心

咽頭クラミジアは性行為をしていないのにもかかわらず感染する恐れのある病気です。

クラミジアによる微熱と電撃性紫斑病について

電撃性紫斑病は手足に痛みを伴うしびれのある病気で、新生児期に多いとされていて、皮膚の表面の血管に血栓が多発することによって痛みが生じて、さらに出血をするので電撃性紫斑病になると生存することが困難になるとされています。また血液の凝固を防ぐ薬を服用することで電撃性紫斑病になることが多いとされていて、ほとんどの場合は高血圧や脳梗塞などの治療薬が原因となっています。症状としてはアナフィラキシーショックと類似しているので処置が遅れることもあるので治療が非常に難しいとされる病気です。クラミジアに感染して微熱が出る場合は口の中に感染していることが多いとされていて、扁桃腺炎を発症することで微熱が生じるとされています。クラミジアは粘膜の接触によって感染するのですが、キスをした時に口の中に感染することもあります。また感染者と生活をともにしている場合には目の中にクラミジア菌が入ることがあるので細菌性結膜炎になることもあるので、セックスをしていなくてもクラミジアになる可能性があります。微熱の症状は性感染症のほとんどで発症するものなので、熱が出たことによってクラミジアと判断することはできません。HIVや梅毒、淋病の場合にも微熱や高熱を繰り返すことがあるので、必ず性病科を受診して精度の高い検査を行わなければなりません。インターネットを利用して性感染症の検査ができますが、性病科などで行う検査に比べると精度が低いことや料金が高いという問題もあるので、通院が可能である場合には性病科や皮膚科、泌尿器科を受診して抗体検査などを行って適切な治療をすることが大切です。性感染症は重症化すると不妊症のリスクが高まったり、合併症のリスクもあるので早期発見が非常に重要とされています。