咽頭クラミジアにご用心

咽頭クラミジアは性行為をしていないのにもかかわらず感染する恐れのある病気です。

上野と性器を通じて感染するクラミジアに警戒を

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が原因となって、繁殖、感染が広がる性病の1つです。

東京の上野は外国人の観光客も多く、日本人よりも性交渉についてオープンな考え方をする外国人がいます。

欧米人にとってキスは挨拶がわりだし、欧米人のポルノなどを見ると過激な性行為や、映像がよく散見されます。

クラミジアは10~20代の若者がよくなる性病の1つですが、その原因として性知識があまりないまま、ポルノや、日本の成人向けビデオに触発されまねして興味本位で試してみることが要因だといえます。

クラミジアは今では女性ならば膣、子宮けい部、子宮などの性器に生息。男性ならば尿道にすみつき、たとえば女性が男性の性器をなめしゃべぶるフェラチオという行為をすれば、喉に感染する場合もあります。

さらに性器を男女が挿入し合えば、女性ならば体の奥深くまで、クラミジアが拡散していく可能性があります。

また、最近では不特定多数の男女がネットの出会い系サイトやスマホを利用して、出会って安直に性行為をする機会が増えてきました。

東京の上野のような観光地で他の都道府県の人が出会い、意気投合すれば性行為することもあります。さらに上野あたりにはホテルもたくさんあります。

出会いがあることはいいことなのですが、その分性病をはじめさまざまなリスクがることを自覚しなくてはなりません。

クラミジアはもし罹患すれば自然治癒することはないので、病院やクリニックを恥ずかしがらずに受診して完治するまで薬や注射で治療する必要があります。

ネットの通販や個人輸入で薬を買える場合のありますが、専門家に見てもらったほうが安心度は高まります。

さらなんる2次感染を予防するため、しっかり検査し治療する責任はあります。