咽頭クラミジアにご用心

咽頭クラミジアは性行為をしていないのにもかかわらず感染する恐れのある病気です。

性交渉でクラミジアに感染にマクロライド系の薬を選択

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖し、次から次へと感染していく恐ろしい性病の1つです。

性病はエイズ、淋病、コンジロームなどいろいろありますが、クラミジアに感染する人が断トツです。

昔は目にすみつき、クラミジア結膜炎を以前は引き起こしていましたが、最近では下水道の普及によって清潔が保たれるようになりめったに見つかることがなくなりました。

なのでクラミジアに感染するのは、過激な性交渉によるものが大半です。

オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなど粘膜によって感染し、1回の性交渉で50%の確率で性病感染します。

たとえば成人向けビデオでは当たり前のようにうつしだされるフェラチオという行為ですが、女性が男性の性器をなめしゃべることによって感染する可能性があります。

クラミジアは男性の尿道にすみついていますが、女性がそこをじかになめれば、クラミジアを喉に感染させてしまう可能性があります。

すると女性は次第に喉を痛め、咳や痰がでるようになります。単なる風邪だと勘違いし、風邪薬などをのんでも咳がちっともよくならないので不思議に思うかもしれません。

というのも咳が出る原因が風邪のウイルスによるものではなく、クラジミア細菌によるものなので、マクロライド系の抗生物質をのまなければ治らないのです。

マクロライド系の薬で人気があるのはジスロマックです。この薬が人気があるのは1日1回4錠のめば、完治するためです。
1日のめば治るので気軽に利用できます。

マクロライド系の薬にはジェネリック薬品まで含めると他にもありますが、長期間のまなくてはならない物もあり、のみ忘れる可能性もあるのでジスロマックにしておいたほうが無難です。